主婦

眠っている骨董品は思い切って買取に出してみよう

コレクションを現金に

切手

収蔵品をリニューアル

コレクターの利用者が多いのが、切手の買取サービスです。昭和初期の品などは、現在でも高値で買取が行われています。定期的にコレクションを見直すコレクターは、古い収蔵品を売りに出す場合があります。切手の買取サービスは、こういった買い替えの際にも利用されます。良い出物に出くわした時には、コレクターも時に新しい品を購入します。古い切手を処分したお金で新しい切手が購入出来れば、新たな現金の持ち出しなしでコレクションをリニューアル出来ます。切手の買取サービスは、現在では色々なスタイルで利用されています。希少価値の高い切手はコレクターが所有しているケースが多く、買取サービスを介していわば交換が行われている状態です。

高く評価される古い品

買取の時には、切手の種類や発行された年代を参考にして査定が行われます。例えば、バラとシートでは査定額にも違いが出ます。一般的に高く評価されるのは、ある程度古い切手です。昭和の初め頃に発売された品は、プラスアルファの価値が出ます。買取では、当初の金額の何割かに減額されて査定されます。ただ、古い品に関しては、額面よりも査定額がアップする可能性が出てきます。美術的価値のある品や各年代の記念切手などは、買取の対象となりやすい品です。新しい品よりも、はるかに高い価値が期待出来るのが古い切手です。状態によっても査定額が前後するため、買取の時には持ち運びにも注意を要します。状態が良い品は、概して査定でも高い評価を受けます。